地毛が薄いのをウィッグで解決

私の幼い頃からの悩みは、地毛が薄いということでした。

 

自分の地毛が他の人たちと比べると薄いということに気付いたのは、小学3年生の時にクラスメイトの男子からお前の頭薄いな、透けているぞと指摘されたことがきっかけでした。

 

それを聞いた周囲のクラスメイト達も、本当だ薄い薄いと大騒ぎになって、担任の先生が駆け付けてくるほどの大きな出来事になってしまいました(笑)今になって当時のことを振り返ると、

 

小学生らしい光景だと表現できなくもなく、(笑)を付けられるほどの心の余裕を持っていられますが、あの時はつらくて家で1人で泣いてしまいました。

 

20代になった今も変わらずに薄いままですが、今の私の楽しみは、ウィッグでいろいろなヘアスタイルを楽しむことです。

 

ウィッグというと、正直なところ最初は抵抗がありました。

 

薄いことを隠すための道具のように思ってしまい、大げさだと思われるかもしれませんが、ウィッグを恥ずかしいもののように感じていたからです。

 

しかし、実際にウィッグを試してみると、こんなにも気持ちが変わるものかと驚かされました。

 

薄いことが目立ってしまうため、髪を伸ばすことができずにいた私でしたが、

 

ウィッグならあっという間にロングにもショートにも変身することができ、鏡に映った自分の姿を見て、憧れていたロングになれた時は思わず涙ぐんでしまいました(涙)

 

最もお気に入りのスタイルは、ロングのウィッグをポニーテールにすることです。

 

しかし、想像以上にポニーテールにすることが難しく、初めはキレイに作ることができませんでした。

 

どうすればキレイにできるのか、その作り方をネットで調べたところ、いきなりポニーテールにするのではなく、

 

まずはハーフテールを作ってから少しずつ毛束を増やしてポニーテールにしていくことがコツだということがわかりました。

 

それまでは一気にまとめ上げようとしていましたが、少量の毛束を順番にまとめていくことで、今は希望通りのポニーテールができるようになりました。